メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心のかたち

成年後見、人材養成が鍵 地域の取り組みに温度差

品川成年後見センターで社協職員と情報交換する市民後見人の横地明宏さん(左)=有田浩子撮影

 2000年の介護保険制度のスタートと同時に創設された成年後見制度は、サービス提供と権利擁護で高齢者を支える両輪とされたが、財産管理が重視され、本人がメリットを実感しにくいこともあり、利用が広がらなかった。利用促進に向けた基本計画が策定されることによって、制度が必要な人を早期にみつけ、地域で支えることが期待される。一方、後見人の人材確保や不正の防止など課題もある。【有田浩子、山田泰蔵】

 政府の有識者委員会が20日まとめた計画原案では、成年後見制度の利用を促すために市区町村が中心となり…

この記事は有料記事です。

残り2037文字(全文2282文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]