メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心のかたち

成年後見、人材養成が鍵 地域の取り組みに温度差

品川成年後見センターで社協職員と情報交換する市民後見人の横地明宏さん(左)=有田浩子撮影

 2000年の介護保険制度のスタートと同時に創設された成年後見制度は、サービス提供と権利擁護で高齢者を支える両輪とされたが、財産管理が重視され、本人がメリットを実感しにくいこともあり、利用が広がらなかった。利用促進に向けた基本計画が策定されることによって、制度が必要な人を早期にみつけ、地域で支えることが期待される。一方、後見人の人材確保や不正の防止など課題もある。【有田浩子、山田泰蔵】

 政府の有識者委員会が20日まとめた計画原案では、成年後見制度の利用を促すために市区町村が中心となり…

この記事は有料記事です。

残り2037文字(全文2282文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです