メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同一労働同一賃金

「真の同一賃金を」 国指針、非正規雇用者ら不満

 政府が20日に公表した「同一労働同一賃金ガイドライン(指針)案」について、連合の神津里季生会長が「指針案を具体的に示すことは労使協議に有益だ」と一定の評価を与える一方、非正規雇用者からは不十分さを指摘する意見が出た。

 政府は「指針は関係法令改正後、裁判所の判断基準になる」とするが、横浜市の契約社員の女性(42)は「同一の仕事かどうか決めるのは会社側で、立場の弱い自分は裁判にしづらい。私の職場ではフレックス勤務は正社員だけで、待遇の差は賃金だけじゃない…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです