メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

宮崎の12万羽処分完了 川南の養鶏場

鳥インフルエンザウイルスが確認され、鶏の殺処分が行われている養鶏場=宮崎県川南町で2016年12月20日午前10時17分、本社ヘリから和田大典撮影

 宮崎県川南(かわみなみ)町の養鶏場の鶏から高病原性の鳥インフルエンザウイルス「H5型」が検出されたことを受け、県は20日午前3時から家畜伝染病予防法に基づき、この養鶏場で飼育する食肉用のブロイラー約12万2000羽の殺処分を開始した。同日午後10時10分に殺処分を終え、その30分後には全ての鶏の埋却も完了した。家畜から高病原性鳥インフルエンザ感染が確認されたのは今季6例目で九州では初めて。

 県は自衛隊などの応援も得て約400人態勢で殺処分を実施。国の防疫指針では感染確定から24時間以内に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです