メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

全国うどんマップの巻

讃岐、稲庭だけじゃない! 麺の太さもつゆも地域で多種多様

[PR]

近ごろテレビや雑誌など、あちこちでうどんの特集などを見かけますよね。 セルフ形式の讃岐うどんチェーンが昨今の流行に火を付けたそうです。 「トリドールHD」(本社・神戸市)が経営する丸亀製麺は、2016年9月末で全国に778店を展開しています。 讃岐うどんはどうしてあんなにコシが強いのでしょうか? 讃岐うどんは中力粉と水、塩の生地を足でしっかり踏んで寝かせるため、弾力性が高まるのです。
うどん発祥の地はどこか知っていますか? 福岡・博多の承天寺(じょうてんじ)には「饂飩蕎麦発祥之地」の石碑があります。 1242年、静岡生まれの僧聖一国師が開いた寺です。 修行先の宋から精粉技術を持ち帰ったと言われています。 発祥の地は他にも説があります。 大坂城築城の際、作業員が手早く食べるために作られたとか、讃岐(香川県)生まれの弘法大師こそ祖…とか。 聖一国師が伝えたのは臼の製図であり、博多は粉食文化発祥の地と言えるでしょう。 これが全国に広まりました。 讃岐うどんと秋田の稲庭うどんは、日本三大うどんに数えられています。
あと一つはこちらも諸説あります。 水沢うどん(群馬) 伊勢うどん(三重) 味噌煮込みうどん(愛知) きしめん(愛知) 五島うどん(長崎) などです。 水沢うどんは、水沢寺の参拝客をもてなすため開店されたことから始まり、その特徴はコシの強い麺をごまだれで食べることです。 伊勢うどんは農民がたまりをかけて食べていたうどんで、軟らかい麺を甘いだしで食べます。 味噌煮込みうどんは、八丁味噌で作った粘度の高いつゆと半煮えの太い麺が特徴です。 きしめんは、ムロアジだし+たまりしょうゆを使う濃厚なつゆと幅4.5ミリ以上の太い麺が特徴です。 五島うどんの付け汁は焼いたアゴ(トビウオ)のだしで作られており、ツバキ油で麺を細く伸ばします。 全国には他にも多種多様なうどんがあります。
幅広の生地のまま食べる「ひもかわ」(群馬)や、生地を長方形に切り真ん中をつまんで成形した「耳うどん」(栃木)などはいかがでしょうか? うどんは麺の太さもさまざまですが、原形は麺ですらなかったかもしれません。 奈良時代のお菓子「混飩(こんとん)」 ↓ 温かくして食べるので…「温飩(おんとん)」 ↓ 食べ物なので…「饂飩(うどん)」 このようにして饂飩(うどん)と呼ばれるようになったと言われています。 地域に合わせて変化した「ご当地うどん」は文化そのもの。 うどんは奥の深い食べ物なのです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです