メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って

 目を離したわずかな隙(すき)に、子どもの姿が視界から消える--。こんな経験をして、顔が真っ青になったことのある人は多いのではないだろうか。年末年始に帰省客らで混雑する駅や、レジャー施設などで、我が子が迷子にならないようにするため、事前にできることを考えてみたい。【沢田石洋史】

個人情報はさらさない/GPSあれば位置探索/日ごろから行動を把握

 大分県佐伯市で2歳の女児が行方不明になり、山中で一夜を明かして無事保護されたのは今月上旬のことだった。女児は農作業をしていた母親や祖母らと一緒に畑にいたが、いつの間にか姿が見えなくなった。1人で周囲を歩いているうちに迷子になったらしい。

 人目が少ない農地だから起きた特殊な事例ではない。「レジャー施設や大型スーパーなど周囲に人が多くいれ…

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2320文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 韓国、文大統領の支持率40%に下落 就任以降最低

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです