連載

どうすれば安全安心

地震や医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代。安全安心のための記事をお届け。

連載一覧

どうすれば安全安心

迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 目を離したわずかな隙(すき)に、子どもの姿が視界から消える--。こんな経験をして、顔が真っ青になったことのある人は多いのではないだろうか。年末年始に帰省客らで混雑する駅や、レジャー施設などで、我が子が迷子にならないようにするため、事前にできることを考えてみたい。【沢田石洋史】

個人情報はさらさない/GPSあれば位置探索/日ごろから行動を把握

 大分県佐伯市で2歳の女児が行方不明になり、山中で一夜を明かして無事保護されたのは今月上旬のことだった。女児は農作業をしていた母親や祖母らと一緒に畑にいたが、いつの間にか姿が見えなくなった。1人で周囲を歩いているうちに迷子になったらしい。

 人目が少ない農地だから起きた特殊な事例ではない。「レジャー施設や大型スーパーなど周囲に人が多くいればいるほど、周りの目があるので保護者は安心してしまいがちです」と指摘するのは、子どもたちを犯罪、事故などから守るため、1999年に発足した民間団体「子どもの危険回避研究所」の所長、横矢真理さんだ。

この記事は有料記事です。

残り1882文字(全文2320文字)

あわせて読みたい

注目の特集