メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

50人の一人=近藤勝重

 三原山投身者の記事が相次ぐと、投身者が浅間へ行ったのでは「新聞に出ない」……。

 寺田寅彦が新聞記事のあれこれを挙げて類型化を批判した随筆が印象に残っている。1934(昭和9)年4月の中央公論に掲載の「ジャーナリズム雑感」と題したものながら、今も同様の傾向がうかがえる。

 といって、類型化の是非はニュースの内容にもよるのでは、と思われ、その点でぼくらが何より類型化を避けなければならないのは、日々の暮らしに影響を及ぼす政治に対してであろう。

 例えば安倍政権なら「安定政権」、東京都の小池百合子知事なら「小池人気」といった言葉と一緒にニュース…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです