メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法違憲訴訟

「戦争許せない」 原告側意見陳述 地裁 /広島

 集団的自衛権を認めた安全保障関連法は憲法違反だとして、県内の被爆者ら165人が国に1人当たり10万円の損害賠償などを求めた集団訴訟の第1回口頭弁論が21日、広島地裁(小西洋裁判長)であった。原告の杉林晴行共同代表(76)ら3人が「戦争被害を誰にも経験させてはいけない」と意見陳述し、国側は争う姿勢を…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです