仮設の歌姫

住民激励 大阪の歌手・奥野ひかるさん、宇土の集会所でライブ /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宇土市の境目仮設団地の集会所で被災者を盛り上げる奥野さん(右)
宇土市の境目仮設団地の集会所で被災者を盛り上げる奥野さん(右)

 東日本大震災の被災地で「仮設の歌姫」と呼ばれる大阪府高槻市の歌手、奥野ひかるさんが21日、宇土市の境目仮設住宅団地の集会所でライブを開き、歌と軽妙なトークで住民らを元気づけた。

 この日は、自ら経験した仮設住宅暮らしの悲喜こもごものエピソードを紹介しながら「二輪草」「ズンドコ節」などを披露。「私の歌、どう?」と会場のお年寄りに尋ねると、「そーにゃ、よか(とてもす…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

注目の特集