メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮設の歌姫

住民激励 大阪の歌手・奥野ひかるさん、宇土の集会所でライブ /熊本

宇土市の境目仮設団地の集会所で被災者を盛り上げる奥野さん(右)

 東日本大震災の被災地で「仮設の歌姫」と呼ばれる大阪府高槻市の歌手、奥野ひかるさんが21日、宇土市の境目仮設住宅団地の集会所でライブを開き、歌と軽妙なトークで住民らを元気づけた。

 この日は、自ら経験した仮設住宅暮らしの悲喜こもごものエピソードを紹介しながら「二輪草」「ズンドコ節」などを披露。「私の歌、どう?」と会場のお年寄りに尋ねると、「そーにゃ、よか(とてもす…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです