メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮設の歌姫

住民激励 大阪の歌手・奥野ひかるさん、宇土の集会所でライブ /熊本

宇土市の境目仮設団地の集会所で被災者を盛り上げる奥野さん(右)

 東日本大震災の被災地で「仮設の歌姫」と呼ばれる大阪府高槻市の歌手、奥野ひかるさんが21日、宇土市の境目仮設住宅団地の集会所でライブを開き、歌と軽妙なトークで住民らを元気づけた。

 この日は、自ら経験した仮設住宅暮らしの悲喜こもごものエピソードを紹介しながら「二輪草」「ズンドコ節」などを披露。「私の歌、どう?」と会場のお年寄りに尋ねると、「そーにゃ、よか(とてもす…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

  5. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです