メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

宮崎で発生 消毒薬など配布へ 県が緊急連絡会議「近年になく警戒必要」 /大分

鳥インフルエンザ発生時の対応などを確認する関係者

 宮崎県での鳥インフルエンザ発生を受け、大分県は21日、関係部局や家畜保健衛生所の担当者ら約60人による緊急の連絡会議を県庁で開いた。鶏舎内へのウイルス侵入を防ぐため、100羽以上を飼育する県内の全172農場に消毒薬と消毒槽(620セット)と、鶏舎周辺を消毒する消石灰(1万袋)を26日に配布する。県農林水産部は、県内でも発生する恐れが近年になく高まっているとして、年末年始に向けて衛生管理の徹底などを呼び掛けた。【西嶋正法】

 宮崎県川南町で19日に養鶏場で飼育していた鶏が死んでいるのが見つかり、H5型の高病原性鳥インフルエ…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文587文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです