メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期学習指導要領

教える力、養成急務

 中央教育審議会が21日答申した次期学習指導要領の改定方針は、グローバル社会への対応を旗印に、小学校5、6年の英語教科化を打ち出した。だが、その成否の鍵を握る教員の指導力養成計画には文部科学省内部でも「相当無理がある」との声がささやかれる。次期指導要領の大きな目玉は、態勢が整わないままの見切り発車になる様相だ。

この記事は有料記事です。

残り1760文字(全文1916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 社説 抗生剤のリスク 安易な使用は見直したい

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです