メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期学習指導要領

教える力、養成急務

 中央教育審議会が21日答申した次期学習指導要領の改定方針は、グローバル社会への対応を旗印に、小学校5、6年の英語教科化を打ち出した。だが、その成否の鍵を握る教員の指導力養成計画には文部科学省内部でも「相当無理がある」との声がささやかれる。次期指導要領の大きな目玉は、態勢が整わないままの見切り発車になる様相だ。

この記事は有料記事です。

残り1760文字(全文1916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです