経済財政諮問会議

薬価改革、方針を報告 首相「着実に具体化を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 塩崎恭久厚生労働相は21日、政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、毎年全ての薬の市場価格を調査し、薬価を見直すことを柱とした薬価制度改革の基本方針を報告した。安倍首相は「今後の検討課題は諮問会議などで議論を深めてほしい。厚労相は改革を着実に具体化してほしい」と、今後も諮問会議が薬価改定の議論にかかわることを求めた。

 超高額のがん治療薬「オプジーボ(一般名ニボルマブ)」が社会保障財政を圧迫すると指摘されたことから薬価制度の見直し議論が起きた。現在の薬価改定は、2年に1度実施している。基本方針では、従来の改定の間の年も大手卸会社に絞って全ての薬価を調べ、市場価格と薬価の差が大きい品目に限って薬価を下げるとした。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文450文字)

あわせて読みたい

注目の特集