メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済財政諮問会議

薬価改革、方針を報告 首相「着実に具体化を」

 塩崎恭久厚生労働相は21日、政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、毎年全ての薬の市場価格を調査し、薬価を見直すことを柱とした薬価制度改革の基本方針を報告した。安倍首相は「今後の検討課題は諮問会議などで議論を深めてほしい。厚労相は改革を着実に具体化してほしい」と、今後も諮問会議が薬価改定の議論にかかわることを求めた。

 超高額のがん治療薬「オプジーボ(一般名ニボルマブ)」が社会保障財政を圧迫すると指摘されたことから薬価制度の見直し議論が起きた。現在の薬価改定は、2年に1度実施している。基本方針では、従来の改定の間の年も大手卸会社に絞って全ての薬価を調べ、市場価格と薬価の差が大きい品目に限って薬価を下げるとした。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです