メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

長期投資の手法を政治に=政治アナリスト・横江公美

 最近、政治にはプライベート・エクイティの手法が必要ではないかと思う。使われる税金が継続的にお金を生む仕組みを作れば、予算の垂れ流しや箱もの行政という批判は出てこない。

 上場前の会社に投資して育てるプライベート・エクイティは、投資運用というよりは企業の社会的責任(社会貢献)の代替モデルと言える特徴を持っている。短期的な「もうけ第一」ではなく長期的に「価値を作る」投資だ。投資を受けた会社は、もうかる仕組みを創設できるだけではなく、職場環境の改善も図れる。経営の持続可能性が求められ、透明性の概念も持ち込まれる。

 実は、長期の投資手法の政治への導入を考え付いた人がいる。トランプ次期米大統領だ。トランプ氏が、再建…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 香港理工大、事実上制圧状態に 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです