メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

福島の実像を知るには=鴨志田公男

 福島県沖を震源に強い地震が起きた11月22日早朝、同県いわき市内のホテル11階にいた。その日は東京電力福島第1原発を取材する予定で、前夜から宿泊していたのだ。

 いきなり激しい横揺れに襲われ、ベッドの上で身動きがとれなくなった。1分近く続いたろうか。ガラスのコップやバッグが床に落ちていた。

 すぐにテレビをつけた。津波警報が出ていたが、ホテルは海から離れており、避難の必要はないと判断した。

 気象庁によれば、東日本大震災の余震で、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7・4。大震災当日を除…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1155文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです