メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

感染防止でタンチョウの活魚の給餌中止

餌のウグイを狙うために急降下したオジロワシ(右)を威嚇するタンチョウ=北海道釧路市阿寒町の阿寒国際ツルセンターで2012年1月、平田明浩撮影

 鳥インフルエンザの感染防止を図ろうと、北海道釧路市は21日、冬季に行っている国の特別天然記念物タンチョウの給餌で、当面は活魚(ウグイ)を与えないと決めた。活魚を狙うオオワシやオジロワシが飛来し、タンチョウと取り合っていることから、感染リスクがあると判断した。デントコーンの給餌は従来通り実施する。

 環境省が給餌している釧路市の阿寒国際ツルセンター、鶴居村…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです