メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出生数

16年、初の100万人割れ 少子化進行浮き彫り

 2016年生まれの子どもの数(出生数)が98万1000人となることが22日、厚生労働省が実施する16年の人口動態統計の年間推計で分かった。出生数が100万人を割るのは、統計を始めた1899年以降、初めて。前年の100万5677人(確定数)より2万人以上減少し、少子化の進行が改めて浮き彫りとなった。

 年間推計は、前年の確定数や16年1~10月の速報値などを基に、11、12月分を推計して算出している。

 合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数に相当)は05年に過去最低の1.26を記録後、緩やかな上昇傾向にある。しかし、出産の中心となる15~49歳の女性の人口が年々減少し、平均的な初婚年齢が上昇しているうえ、第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)の女性が40代となったこともあり、出生数の減少に歯止めをかけることができなかったとみられる。

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

  5. 金言 天才にも解けない?=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです