賭けマージャン

福岡・飯塚市長ら陳謝 市議会本会議で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市議会本会議に臨む斉藤守史市長(左)と田中秀哲副市長=飯塚市新立岩の飯塚市役所で2016年12月22日、平山千里撮影
市議会本会議に臨む斉藤守史市長(左)と田中秀哲副市長=飯塚市新立岩の飯塚市役所で2016年12月22日、平山千里撮影

 福岡県飯塚市の斉藤守史(もりちか)市長(68)と田中秀哲(ひであき)副市長(69)が平日の日中などに、市内で賭けマージャンを繰り返していたことが分かった。2人は22日の飯塚市議会本会議で事実関係を認めて陳謝した。

 斉藤市長らによると2人は市役所の開庁時間帯の日中などに、元市幹部が経営していた市内の元マージャン店を訪れて賭けマージャンをしていた。数年前から繰り返しており、毎回、1万円前後を賭けていた。メンバーはいずれも旧知の友人数人で、来年4月に市施設の指定管理者となる業者の社長もいた。

 本会議の冒頭で、斉藤市長は「市政に対する信頼を大きく損なわせてしまったことを心よりおわびする」と陳謝し、田中副市長は「軽はずみな行動により、議会と市民に多大なご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ない」と述べた。業者の同席について、2人とも「単なる知人で便宜供与を図ったことは一切ない」とした。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文628文字)

あわせて読みたい

ニュース特集