メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

17年度予算案

長崎大BSL施設に4億円 国が全面支援

 政府が22日閣議決定した2017年度予算案では、長崎大(長崎市)が設置を計画している最も危険度の高い病原体を研究する「バイオセーフティーレベル(BSL)4」施設について、設計費など約4億円が計上された。ウイルスなどの漏えいを不安視する地元住民からは反対の声が相次いでいるが、政府は計画を「国策」と位置付けて全面支援する構えだ…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです