霞ケ浦産コイ

食べてすてきな恋を…県庁の食堂で料理提供

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
霞ケ浦産のコイで再現したチェコのクリスマス料理=水戸市の茨城県庁で2016年12月21日午前11時51分、松本尚也撮影
霞ケ浦産のコイで再現したチェコのクリスマス料理=水戸市の茨城県庁で2016年12月21日午前11時51分、松本尚也撮影

 養殖コイの生産量全国一(約1000トン)を誇る茨城県の「霞ケ浦北浦水産振興協議会」は21日、水戸市の県庁生協食堂で、霞ケ浦産のコイを使用した中欧・チェコのクリスマス料理を提供した。

 消費低迷でピーク時の7分の1に減少した生産を回復させるため、話題作りにと企画。チェコではクリスマスにコイを食べる文化…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

あわせて読みたい

注目の特集