メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カキ

宮城全域で出荷停止…ノロ陽性、26日に再検査

 宮城県内ほぼ全ての生産地で生食用カキからノロウイルスが検出され、県全域で25日まで出荷停止となった。宮城県漁協は26日の検査結果を踏まえて出荷を再開するか判断するが、カキの出荷がピークを迎えており、生産者に落胆の声が広がっている。

 県漁協によると、ノロウイルスによる県全域での出荷見合わせは、データを取って検査を始めた1996年以降初めて。19日の検査で雄勝湾(石巻市)を除く10海域でノ…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. サッカーキング リュディガー、トッテナムファンの反応に失望「人種差別が勝利した」

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです