メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川・能登半島

「農家民宿」に年間1万人超 集落に光

 石川県・能登半島の山あいに、住民たちによる農家民宿群がある。半径数キロの範囲に47軒が点在する「春蘭(しゅんらん)の里」だ。地域の生き残りをかけて始めた取り組みは来年、20年を迎える。地元食材を使った郷土料理や伝統文化の体験など地域資源を生かしたもてなしが評判を呼び、訪問者は年間1万人を超えるまでになった。過疎化は容赦なく進むが、後に続く若者も少しずつ集まり始めている。

 浴衣姿の家族が、輪島塗の漆器に盛りつけられた郷土料理に舌鼓を打っていた。赤い炎が揺れる目の前の囲炉…

この記事は有料記事です。

残り2421文字(全文2658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです