メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「2020年実行プラン」 保育定員7万人増に 総事業費は5兆6100億円 /東京

 小池百合子知事は22日、公約実現に向け約500項目の目標をまとめた4カ年(2017~20年度)の実施計画「都民ファーストでつくる『新しい東京』~2020年に向けた実行プラン~」を公表した。待機児童解消のため保育サービスの定員を2019年度末までに7万人分増やすことなどを盛り込み、20年度までの総事業費は5兆6100億円。小池知事は「都民ファーストの都政の具体的な道筋、未来への航路だ」と胸を張った。

 都の実行プランは、小池知事が知事選で公約に掲げた▽セーフシティー(安心・安全な街)▽ダイバーシティー(多様性)▽スマートシティー(環境先進・国際金融都市)--の三つの東京像を実現するために策定した。約500項目のうち新規の施策は約200項目で、舛添要一前知事時代に策定された「長期ビジョン」を継承しつつ、取り組みをさらに加速させる。

この記事は有料記事です。

残り1642文字(全文2010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人選手に新型コロナ感染の疑い 練習試合中止

  3. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです