インフルエンザ

県が注意報発令 昨季より1カ月早く /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は22日、インフルエンザの患者増加に伴い、注意報を発令した。昨シーズンに比べ1カ月ほど早い。県内87カ所の定点医療機関当たりの報告数は12~18日の1週間で4・9件となっている。

 飛騨保健所管内で報告数10・6件と、注意報発令の基準「県内保健所管内で定点医療機関当たり10例以上となった場合」に該…

この記事は有料記事です。

残り60文字(全文210文字)

あわせて読みたい

注目の特集