メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「こころに剣士を」 希望手に入れる決断 /愛知

 もう少し、惹(ひ)かれる邦題にすればいいのに。原題では「フェンシング選手/剣士」と名付けられた映画「こころに剣士を」は、「ヤコブへの手紙」のクラウス・ハロ監督が手掛け、第88回米国アカデミー賞・外国語映画賞のフィンランド代表作に選ばれた1本。1950年代初頭の実話に基づいたヒューマンドラマだ。

 第二次大戦中はドイツに、大戦末期からはソ連に占領されたエストニアの小さな田舎町に、中年男のエンデルが鞄(かばん)ひとつでやってくる。元ドイツ軍の兵士で秘密警察に追われる彼は、小学校の教師になって身を隠す。そして成り行きで、かつて自身が選手として名をはせたフェンシングを児童たちに教え始める。

 実は子どもが苦手だったエンデルも、次第に一人一人と打ち解け、スターリン政権に親を連れ去られた彼らの…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです