メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップおおいた

歩道を塞ぐ老クロマツ 伐採、一転移植へ 大分城址公園 /大分

移植されることになったクロマツ。歩道の中央から傾いた幹を避けて通行する人が多い

「空襲乗り越えた」「市民に親しみ」

 大分市荷揚町の大分城址(じょうし)公園前で、樹齢100年を超えるとみられる1本のクロマツが注目を集めている。太い幹が歩道を半ば塞ぎ、「通行のジャマ」として一時は伐採する方向になったが、長くこの木に親しんできた住民らが反対。伐採は見送り、別の場所へ移植する折衷案に落ち着いた。クロマツは城址公園の敷地内に移植される可能性が濃厚だ。【西嶋正法】

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1200文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです