メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

巨額な金のことを英語で…

[PR]

 巨額な金のことを英語でキングスランサム--王の身代金という。英国史では実際に捕らえられた国王に巨額の身代金を支払ったこともある。12世紀に獅子心(しししん)王と呼ばれたリチャード1世が十字軍の帰途、ドイツで捕らえられた時である▲神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世が求めてきた身代金15万マルクは銀30トン以上といわれる。英国は支払いのために国民に収入の4分の1、教会には金銀の財宝、修道院には1年分の羊毛を課税した。支払金額は要求に遠かったが、王は解放された(モーロワ著「英国史」)▲帰国した王は国民に感謝するどころか、新税を徴収し始めたからこの時代の王様は身勝手である。後に王権を制限するマグナカルタ(大憲章)の制定を強いられたのが弟のジョン王だった。さて今や捕らわれの身となるのは人ばかりではなくなったネット社会である▲ランサム(身代金)ウエアとはパソコンのデータを勝手に暗号化して開けなくし、その復旧に金銭を要求するコンピューターウイルスである。情報セキュリティー会社によると、今年はウイルスを仕込んだ大量の不正メールがばらまかれ、被害も多数報告されている▲仕事に欠かせぬデータ、思い出の写真、長年書きためた文章など、かけがえのないデータはそれぞれにある。人の世に起こることはすべてまねされるネットの世界だから、人質をとる悪知恵も例外でない。最近では闇市場でウイルスそのものが売買されているという▲復号ソフトも出たが、ウイルスの進化とのいたちごっこは必至だろう。ここは感染防止策と重要データのバックアップで誘拐犯の悪知恵を出し抜きたい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

    2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

    3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

    4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

    5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです