メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園の新風景

全国高校ラグビー/3 旭川工(北北海道)/札幌山の手(南北海道) 北の大地、誘致を力に

降り積もった雪の上でタイヤを引き、足腰を鍛える旭川工の選手

 雪煙を巻き上げながら、選手がグラウンドを駆け巡る。1949年の創部以来初の花園出場を果たした旭川工(北北海道)。札幌ドームが2019年ワールドカップ(W杯)会場の一つにも決まり、北の大地でもラグビー人気復活へ期待は高まる。主将のNO8天野拓斗(3年)は「ラグビー熱を冷めさせないようなアグレッシブなプレーをしたい」と誓う。

 北海道は夏でも涼しい気候と質の高い天然芝を生かし、ラグビーチームの夏合宿誘致が盛んだ。中でも東部の…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者25人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです