メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園の新風景

全国高校ラグビー/3 旭川工(北北海道)/札幌山の手(南北海道) 北の大地、誘致を力に

降り積もった雪の上でタイヤを引き、足腰を鍛える旭川工の選手

 雪煙を巻き上げながら、選手がグラウンドを駆け巡る。1949年の創部以来初の花園出場を果たした旭川工(北北海道)。札幌ドームが2019年ワールドカップ(W杯)会場の一つにも決まり、北の大地でもラグビー人気復活へ期待は高まる。主将のNO8天野拓斗(3年)は「ラグビー熱を冷めさせないようなアグレッシブなプレーをしたい」と誓う。

 北海道は夏でも涼しい気候と質の高い天然芝を生かし、ラグビーチームの夏合宿誘致が盛んだ。中でも東部の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. WHO、「ゲーム障害」を新たに依存症として認定
  3. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
  4. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山
  5. 珍しい双子同場所V 貴源治初の十両優勝 兄・貴ノ富士も前日幕下優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです