メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鑑真

ゆかりの地・奈良で新作オペラ

鑑真ゆかりの地で公演されたオペラ「鑑真東渡」=奈良市のなら100年会館で2016年12月22日午後6時56分、川平愛撮影

 中国・江蘇省演芸集団有限公司による新作オペラ「鑑真東渡(とうと)」日本公演(主催・中国日本友好協会、中日友好21世紀委員会中国委員会、江蘇省人民政府、協力・ポラリス、毎日新聞社)は22日夜、鑑真ゆかりの地・奈良市の「なら100年会館」で特別公演が開催された。同日午後には同会館で「鑑真精神と日中文化交流シンポジウム」(奈良県など主催)も開かれた。

     シンポジウムでは葉小文・同委員会委員が基調講演し、「日中友好の根底には鑑真の精神が宿っている」と訴えた。日本側から唐招提寺の西山明彦(みょうげん)長老、稲本泰生・京大准教授、中国側から銭文忠・復旦大教授、周新国・揚州大教授が加わり、パネルディスカッションが行われた。コーディネーターの東野治之・奈良大教授は「鑑真の功績についてさまざまな視点から見つめ直すことができた」と述べた。

     特別公演には、松谷幸和・奈良県副知事や津山恭之・奈良市副市長らの来賓を含め約1200人が訪れた。奈良市では23日にも公演がある。その後、京都市のロームシアター京都に会場を移し、27日の特別公演、28日の本公演が行われる。【中津成美、河嶋浩司】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
    3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
    4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
    5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです