協創シンポジウム

NPOの活動紹介 18団体、津で市民と交流 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市民に活動を説明するNPO法人のブース=津市羽所町のアスト津で
市民に活動を説明するNPO法人のブース=津市羽所町のアスト津で

 県内のNPO法人が活動事例を紹介する「協創シンポジウム」が23日、津市羽所町のアスト津であった。18団体がブースを設けて交流を図り、訪れた市民や企業・行政の担当者に活動を説明した。

 引きこもりの解決を支援する「みえオレンジの会」は鈴鹿市の民家を引きこもっている人や家族の交流の場とし、箸を作る内職にも取り組んでいることを紹介。県支部長の堀部尚之さん(64)は他の団体とも意見交換し「この交流から、…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集