メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へトライ!!

第96回全国高校ラグビー 常翔学園 粘り生んだランパス /大阪

ランパスに励む常翔学園の選手たち=大阪市旭区の淀川河川敷グラウンドで、大森治幸撮影

 夕日に照らされた淀川の河川敷を、常翔学園(大阪市旭区)の選手たち4~5人が1組になり、ボールを横にパスしながら駆け抜けていた。広い河川敷を利用した通称「ランパス」の練習だ。「はい、放って」「よし、ナイス」。約100メートルを10往復し終わるころには、選手たちは肩を上下にさせながら息を切らしていた。

 常翔学園の花園出場は2年連続35回目となる。チームの原動力の一つになっているのが、このランパスだ。野上友一監督(58)も「体力をつけるだけではなく、単純な動作を耐え抜くことでひたむきさがつく」と話す。

 府予選初戦の約1週間前から練習メニューに取り入れた。練習試合などの終盤で足が止まったり、攻め込まれたりした。終盤の粘り不足に危機感を覚えた選手たちが「このままで花園を勝ち上がれるのか」と考え、野上監督に提案した。肘井洲大(しゅうだい)主将(3年)は「この練習で、つらい時にもめげない地力がついた。だからこそ府予選を勝ち抜くことができた」と成果を感じ、仕上げの時期に入る今月上旬まで続けた。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです