メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

PKストップで初タイトル獲得! ミランGKドンナルンマ「信じてきた」

情報提供:サッカーキング

ディバラのPKをストップしたミランGKドンナルンマ [写真]=Getty Images
 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは23日、スーペルコッパ・イタリア2016でユヴェントスと対戦し、PK戦の末に勝利を収めた。試合後、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが残したコメントを、クラブ公式HPが23日に伝えている。

 前シーズンのセリエA王者とコッパ・イタリアのチャンピオンが対戦する同大会。2015-16シーズンはユヴェントスが両方のタイトルを獲得したため、ユヴェントスとコッパ・イタリア準優勝のミランが顔を合わせることとなった。

 試合は18分にイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニのゴールでユヴェントスが先制。しかしミランは38分に同代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラがヘディングを決めて同点に追いつく。そのままPK戦にもつれこむと、ユヴェントスの5人目・アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラのキックをドンナルンマがセーブした。対するミランはクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチが決めて試合終了。勝利したミランはユヴェントスと並ぶ最多7度目の優勝を成し遂げている。

 ディバラのPKをストップし勝利に貢献したドンナルンマは「勝利に値していたよ。チームワークの勝利だ。本当によくやったと思うし、今はとにかく祝いたいね。常に成し遂げられると信じてきたんだ」と、キャリアで初めてのタイトル獲得に喜びを示した。

 試合については「いいスタートではなかったけど、同点になってからはこっちが勝ってもおかしくなかったよ」と満足気。最後には「この勝利は家族、ガールフレンド、ミランのファン、そして(シルヴィオ・)ベルルスコーニ会長に捧げるよ」と、感謝を述べている。

【関連記事】
●モンテッラ監督、ミラン初タイトルを会長に捧げる「求め続けてきた」
●ドンナルンマに伊紙から“新星”賞…昨年16歳でセリエAデビュー果たす
●ミラン指揮官、本田の貢献を称える「出場機会が少ない選手の手本」
【コラム】負けじ魂を燃やす南野、浅野、小林祐…欧州組若手世代が日本代表底上げの鍵を握る
【コラム】宇佐美貴史、苦境の中で徹底した改善…積み重ねた努力の先に待つ勝負のとき

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 手足伸ばして極楽、極楽♪温泉楽しむニホンザルが人気 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです