メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ドラクスラーが“念願”のパリSG移籍…4年半契約とヴォルフスブルクが発表

情報提供:サッカーキング

パリSGへの移籍が決まったドラクスラー [写真]=Bongarts/Getty Images
 ヴォルフスブルクは24日、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーがパリ・サンジェルマンへ移籍することを発表した。メディカルチェックが終わり次第、正式に4年半の契約を結ぶ予定。移籍金は明かされていないが、ドイツ紙『ビルト』によると4000万ユーロ(約49億円)だという。

 ドラクスラーにとっては念願の移籍が叶った。今夏、アーセナルやパリ・サンジェルマンなどから関心が報じられると、同選手も移籍希望を公言。結局、ヴォルフスブルクに残留したまま今シーズンを迎えたものの、退団の噂が途絶えることはなかった。今月3日に行われたブンデスリーガ第13節のヘルタ・ベルリン戦ではサポーターからブーイングを受けたが、試合後に再び移籍希望を示唆。10日の第14節バイエルン戦ではついにメンバー外となっていた。

 現在23歳のドラクスラーは、シャルケの下部組織出身で2011年に17歳でデビュー。8歳からシャルケ一筋の生え抜き選手で大きな期待が寄せられていたが、2015年夏にヴォルフスブルクへの移籍を決断した。ドイツ代表では2012年にデビューを果たし、2014年夏のブラジル・ワールドカップのメンバーにも選ばれ、1試合に出場。今夏のユーロ2016では5試合に出場し、1ゴールを挙げていた。

【関連記事】
“大切な友達”内田の復帰をドラクスラーも大歓迎!「最高のニュース」
オスカル、年俸は先輩フッキ超え! 中国への移籍金もアジア最高額に
中国移籍噂のテベス、母国アルゼンチンで挙式…13歳から一筋交際
グリーズマン、趣味のNBAを連日観戦 選手との写真に「夢が叶った」
圧巻の32得点!オーバメヤン、ファン選出のドルト年間最優秀選手に

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  4. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです