メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

オリンパス 「神々の山」ブランド名に

大正時代に初めて製造した顕微鏡

 デジタルカメラやICレコーダー、内視鏡などを生産・販売するオリンパスは、1919(大正8)年に顕微鏡メーカーとして東京で設立された。当初の社名は「高千穂製作所」だった。創業者の山下長(たけし)氏が、事業をスタートする前、軍人として演習で訪れた宮崎県高千穂地区が社名の由来だ。神々が集まったとされるこの地区の山々の美しさに山下氏が感銘を受けたことから名付けた、と社内に伝わる。

 現在の社名「オリンパス」は、顕微鏡のブランド名として1921年に商標登録していたもの。オリンポス山…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです