メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定
太陽光パネル

道路に埋め発電、欧米で試み始動

 【ワシントン清水憲司】道路に太陽光発電パネルを埋め込んで発電する試みが、欧州や米国で始動した。公有地の有効活用で温室効果ガスの削減につながるほか、冬季には、電気で道路を温めて除雪の手間やコストを省くことも可能だ。

 フランス北部ノルマンディーで22日、長さ1キロにわたって太陽光発電パネルを敷き詰めた車道が開通した。発電単位のワットと道路を意味する言葉を組み合わせて「ワットウエー」と名付けたシステムで、約5000本分の街灯をともせる。自転車道や歩道での事例はあるが、車道での本格実施は世界初。欧米メディアによると、表面を何層もの樹脂で覆い、トラックの重量にも耐えられる。

 仏政府はワットウエーの総延長を1000キロに拡大し、最大500万人分が使う電力を生み出す計画だ。シ…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文731文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです