メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[疑問]パトカーの赤色灯とサイレンはどんなときに使うのか?

情報提供:カートップ

緊急走行時は両方を付けなければならないがスピード違反の追尾時は例外!

 赤色灯とサイレンは、緊急自動車=パトカーの必須条件。道路交通法では、緊急自動車の要件として、「(緊急自動車を)緊急の用務のため運転するときは、サイレンを鳴らし、かつ、赤色の警光灯をつけなければならない」と定めている。(道路交通法施行令第14条)

WEB CARTOP

 したがって、赤色灯とサイレンをつけていない、あるいは赤色灯だけがついている、サイレンだけ(?)が鳴っている状態では、緊急の用務の運転としては認められないということになる。つまり、信号もきちんと守り、法定速度も越えてはならないということ。

WEB CARTOP

 しかし、上記には例外がある。

 「ただし、警察用自動車が法第22条の規定に違反する車両(つまり、速度超過車)を取り締まる場合において、とくに必要があると認めるときは、サイレンを鳴らすことを要しない」(同14条)。

WEB CARTOP

 高速道路やバイパスでよく見かける、パトカーによる追尾式の速度取締は、速度超過車両を発見したら違反車両の後方を追尾し、一定の距離(およそ200mという指針)を違反車両と同じ速度で走行し速度測定を行うことになっている。

WEB CARTOP

 この場合、赤色灯だけをつけて、サイレンを鳴らさなくてもOKとされる(サイレンを鳴らすと、追尾・計測していることが、違反者に気付かれ、200mも走る前に減速されてしまうため。しかし、この内規を厳密に守っているパトカー、白バイは少ないのが現状……)。

WEB CARTOP

 一方、街なかでもときどき、赤色灯だけをつけて、サイレンを鳴らしていないパトカーを見かけるが、この場合、違反車を追跡していなければ、覆面パトカーだけでなく、白黒のパトカーであっても緊急自動車扱いにはならない。

WEB CARTOP

 当然、交通ルールを守る義務があるわけだが、防犯パトロールや、交通違反の未然防止という意味では、赤色灯だけをつけて市内を走ることには、意味があると考えられる。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです