メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・室井滋

音痴でヘッチャラ ああコロよ、永遠に

在りし日のコロと、彼にささげた絵本です。老猫が頑張るお話です

 今年は猫が大ブレークした一年だった。

 私の周りでも、まるで猫に関心のなかった人や断然犬派だった人まで、「こりゃあ、かわいい~ッ!」と、もうメロメロ。“流行の力”とは凄(すご)いものだとつくづく思った。

 ただそんな中、私は猫好きの仲間が増えてうれしい半面、何だか微妙な気分。ペットショップに高額な猫がこれまで以上の頭数、売られることが気になって仕方がない。引き取り手のない猫の行く末を思うと悲しくなるのだ。何十万円もする血統書付きの子猫でなくても、町のあちこちに普通にいる猫で十分にかわいいのに……。

 この一年、テレビにしょっちゅう登場していた外国猫たちに群がる人々を、うちの和猫たちは私と一緒にシレ…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1083文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです