メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
つま恋

42年の歴史に幕 全国から2000人別れ惜しむ

元同僚やファンと記念撮影をする木下晃さん(左から2人目)=静岡県掛川市の「つま恋」で2016年12月25日午後2時29分、井上知大撮影

 フォークソングの聖地として知られるリゾート施設「ヤマハリゾートつま恋(ごい)」(静岡県掛川市)が25日、一般向け営業を終了し、42年の歴史に幕を下ろした。経営環境の悪化が理由だが、日本の音楽史の名場面を生んだだけに、全国から約2000人が訪れ、別れを惜しんだ。

 フォークソング全盛期を築いた吉田拓郎さんと「かぐや姫」が徹夜の野外コンサートで6万5000人を熱狂させ、中島みゆきさんらを輩出した若手の登竜門「ポピュラーソングコンテスト(ポプコン)」の会場として知られる。ポプコンなど…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです