メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソ連崩壊25年

リトアニア、元露将校逮捕 歴史認識対立

カリーニングラードの位置

 ソ連の崩壊から25日で25年がたった。崩壊に向かう大きな流れが生まれたきっかけは、バルト海沿岸国リトアニアでソ連からの独立と民主化を求める民衆デモがソ連軍に鎮圧され市民14人が犠牲になった「血の日曜日事件」(1991年1月)だ。その作戦に加わったロシア人元将校がリトアニアで「人道に対する罪」に問われており、歴史認識を巡る国家間の対立は続く。【カリーニングラード(露西部)で杉尾直哉】

 拘束中なのは旧ソ連軍の戦車部隊にいたユーリー・メリ被告(48)。2014年3月に居住地のロシア西部…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです