メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

アトレティコ所属時を回想するD・コスタ、「大好きな」対戦相手はどのクラブ?

情報提供:サッカーキング

ジエゴ・コスタがアトレティコ所属時を回想した [写真]=Getty Images
 チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタがアトレティコ・マドリード所属時を回想し、レアル・マドリードとの対戦が「大好きだった」と振り返った。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が25日に報じている。

 2007年1月にアトレティコ・マドリードへ加入し、ブラガやセルタ、アルバセテ、バジャドリードでのプレーを経て、2010年6月に復帰を果たしたD・コスタ。2012年にも半年のレンタル移籍でラージョ・バジェカーノへ加入するなど、武者修行を繰り返しながら成長を遂げてきた。そして2012-13シーズンからの2年間、アトレティコ・マドリードの中心選手として得点を量産。2013-14シーズンにはリーガ・エスパニョーラ制覇に大きく貢献した。

 D・コスタはアトレティコ・マドリード所属時を回想し、ダービーマッチで火花を散らしたレアル・マドリードとの対戦が「大好きだった」とコメント。「私はレアル・マドリードとの試合が大好きだった。ペペや(セルヒオ)ラモスとマッチアップする機会もね。良いバトルだったね。試合中に問題を抱えたり、ヒートアップする場面も常にあった。でも試合後は、互いの健闘を称えていたんだ。そこにトラブルはなかったよ」と、チームとしても個人としても、レアル・マドリードとの試合を楽しみにしていたと明かした。

 2014年夏からチェルシーに所属し、今シーズンもプレミアリーグ第17節終了時点で得点ランキング首位の13ゴールを挙げるなど、高い得点力を誇示しているD・コスタ。アトレティコ・マドリード所属時における“ライバル”レアル・マドリードとの対戦は、今も印象深い試合となっているようだ。

【関連記事】
●チェルシーのコンテ監督、D・コスタを称賛「全ての選手が彼のように」
●欧州リーグの指揮官で最も高給取りなのは? 仏紙が上位12名を発表
●トーレスやロッベン…今シーズンで契約満了、フリーで獲得できる選手たち
●ルーニーに「週給1億円」の驚愕オファー? 中国移籍は実現するのか
●レアルと交渉が難航、DFペペの新天地は中国? 年俸は倍額を準備か

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです