特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

オバマ大統領、私なら勝てた クリントン氏の敗因「安全運転」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン会川晴之】「私なら勝てた」。オバマ米大統領は米CNNテレビのインタビューで、11月の大統領選に自分が立候補していたら、トランプ次期米大統領に勝てたはずだとの考えを示した。民主党のヒラリー・クリントン候補が「私は勝てそうだ」と思い込み「安全運転に努めた」ことが敗因と指摘した。

 オバマ氏は、2008年と12年の大統領選で選挙参謀を務めたアクセルロッド氏の質問に「もし私が出馬していたら、過半数の米国人(代議員)を集めることができていたはずだ」と答えた。

 オバマ氏は、トランプ氏の勝因は、経済回復から取り残されたと不満を持つ白人労働者層が、従来の民主党支持から共和党支持に転じたことが一因と指摘。ただ「民主党の政策は、白人労働者を見捨てるものではなかった」と、政策面では問題はなかったと釈明した。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文612文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集