メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

伝統行事がピンチ!! 除夜の鐘に「うるさい」 餅つきは「食中毒心配」

中越地震の避難生活から約3年2カ月ぶりに新潟県長岡市の故郷に戻り、「除夜の鐘」を打ち鳴らす住民ら。ふるさとの原風景だ=2007年12月31日、根本太一撮影

 せちがらい世の中だから……。そう嘆くしかないのか。除夜の鐘は「うるさい」、餅つきは「食中毒が心配」--として、年末年始の風物詩が今、自粛や中止を迫られている。「健康への配慮なら仕方ない」との声もある。だが、伝統や文化は廃れてしまわないか、懸念も消えない。【宇田川恵】

 「日本人の心がここまでひねくれてしまったのかと思うと、あぜんとします。除夜の鐘は年1回。それすら我慢できないなんて、自分勝手すぎます」と憤るのは、エッセイストの安藤和津さん(68)だ。安藤さんは教育や食の問題に関心が高いが、最近の動向に我慢ならない様子。「餅つきで食中毒が怖いなら行かなければいい。主催者側も腰が引け過ぎです」

 矛先を向けるのは、各地でじわじわ広がる除夜の鐘や餅つき大会取りやめの動きだ。餅つきは正月を控えた子供の楽しみ。新年の午前0時をはさみ、「ゴーン」と鳴り響く鐘の音には心が洗われる。なぜ、そんな行事をやめるのか。

この記事は有料記事です。

残り2457文字(全文2860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです