メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

巻き起こせ、浜松工旋風 あす初戦、米子工と 伝統の堅守に多彩な攻撃 /静岡

厳しい練習でハンドリング技術とフィットネスを鍛えてきた浜松工の選手たち=浜松市北区の同校で

 27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)に、3年ぶり5回目の出場を決めた浜松工。FW、BKが一体となって攻める「フルモーションラグビー」をものにしたフィフティーンは、県大会を圧倒的な力で勝ち抜いてきた。主将でNO8の大塚滉生(こうき)選手(3年)は「目標は2回戦を突破し、正月を花園で迎えること」と闘志を燃やす。浜松工ラグビー部の初戦は28日午後2時、米子工(鳥取)と対戦する。【竹田直人】

 「浜工のラグビーは変わったなあ」。県大会予選、分厚い攻撃ラグビーによる破竹の快進撃に、県ラグビー協会役員がつぶやいた。

この記事は有料記事です。

残り2207文字(全文2503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです