メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 凍土壁全面実施容認 規制委、安全上懸念少ない

 原子力規制委員会の検討会は26日、福島第1原発の汚染水対策として、東京電力が建設した「凍土遮水壁」(全長約1・5キロ)について、段階的に全面凍結することを認める方針を示した。規制委は、全面凍結すれば敷地の内側と外側で水位差が生じ、内側の汚染水が外側に漏れる恐れがあるとして全面凍結に慎重だったが、凍土遮水壁自体の遮水効果は少なく、全面凍結しても安全上の懸念は少ないと判断した。

 規制委が凍結を認める方針を示したのは、山側で未凍結だった5カ所(計約32メートル)。規制委の更田豊…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです