メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

三浦九段報告書 「プロなら指せる手」 スマホ、不正形跡なし

 三浦弘行九段(42)に不正の証拠なし--。将棋界を揺るがした将棋ソフトを使った「カンニング疑惑」に26日、弁護士で構成された第三者調査委員会が見解を示した。一貫して疑惑を否定していた三浦九段。調査に応じたトップ棋士の多くも、その着手を「普通の手。棋士なら指せる」と意見したという。

 元検事総長の但木敬一委員長が調査概要を説明、質問に応じた。委員会設置から約2カ月、三浦九段も複数回聴取したといい、調査結果については「指摘された疑惑について、できるだけのことはやれた。これ以上しても同じではないか」と自信を見せた。

 渡辺明竜王、佐藤天彦名人、羽生善治王位、郷田真隆王将ら現タイトルホルダーにも聴取。疑惑の根拠とされ…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです