メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

熊本県、10万7000羽の殺処分開始

養鶏場に続く道に設けられたポイントには警察官が立ち、関係車両が多く出入りしていた=熊本県南関町で2016年12月27日午前5時28分、野呂賢治撮影

 熊本県南関(なんかん)町の養鶏場で簡易検査により26日に鳥インフルエンザの陽性反応が出た鶏から、H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと同県が27日発表した。県は27日午前5時、家畜伝染病予防法に基づいて養鶏場の鶏約10万7000羽の殺処分を始めた。

 国内で家畜の高病原性の鳥インフルエンザ感染が確認されたのは今季7例目で、九州では宮崎県川南(かわみなみ)町の養鶏場に続き2例目。県中央家畜保健衛生所が陽性反応が出た5羽を含む7羽を調べ、全てからウイルスを検出した。熊本県は陸上自衛隊の協力も得て約380人態勢で24時間以内に殺処分し、72時間以内の…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 中居正広&劇団ひとり&古市憲寿、絵本プロジェクトが集大成「アニメ化も視野に…」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです