メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地グルメ

「富良野オムカレー」70万食突破 地域連携でさらに進化

地元食材と提供方法にこだわった「富良野オムカレー」

 カレーとオムライスを組み合わせ、新しいご当地グルメとして生まれた「富良野オムカレー」。地元食材と提供方法にこだわり、累計70万食を突破した。知名度も上がり、夏の観光シーズンには富良野市内の提供店舗に行列のできる店も出ている。PRする地元の推進協議会は2016年、食による観光を生み出したとして、国土交通省の地域づくり表彰の全国地域づくり推進協議会会長賞も受賞した。

 カレーによるまちおこしは02年、富良野市の若手職員らでつくる「食のトライアングル(農・商・消)研究会」が始めた。会員の松野健吾さん(46)が市の基幹産業である農業に着目。古里の神奈川県横須賀市が「海軍カレー」で地域振興を図っていることを意識し、富良野の「顔」となる料理作りを発案した。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです