メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『アレルギー医療革命』『脳が壊れた』ほか

◆『アレルギー医療革命』NHKスペシャル取材班(文藝春秋/税抜き1300円)

◆『脳が壊れた』鈴木大介・著(新潮新書/税抜き760円)

◆『世界一伸びるストレッチ』中野ジェームズ修一・著(サンマーク出版/税抜き1300円)

 健康に関する本は、毎年あまた刊行されており、“常識”や通説は常に更新されていく。目からウロコがポロポロ落ちる3冊を厳選。

 1位に推す 『アレルギー医療革命』(NHKスペシャル取材班)に書かれているのは、不治の病とされてきたアレルギーについての、これまでの常識をことごとく覆す新しい情報だ。アトピーや花粉症などに苦しめられ、多くの対策を講じてきた人ほど、それらが逆効果だったことに驚くはず。

この記事は有料記事です。

残り1386文字(全文1690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです