メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

服部克久/下 100年超え「服部交響曲第4楽章」へ=専門編集委員・川崎浩

克久(右端)、隆之(左端)、百音の服部家3世代=エイベックス提供

 11月30日、東京・紀尾井ホールで新進バイオリニスト・服部百音(もね)の初の単独リサイタルが開かれた。肌寒い1日だったが、木のぬくもりを感じるホールは、聴衆の期待の熱気に満ちていた。

 百音は1999年9月生まれ。国際コンクールの受賞歴多数で日本クラシック界の期待の星である。その聴衆の中に服部克久も座っていた。百音は、克久の長男で作編曲家の隆之の長女、つまり克久の孫である。「気がつけば服部家4代目になっちゃった。4代目が一番すごいかな」と目を細めた。

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです