メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/142 ライオン/4 /東京

バスで観察、前例ない構想

 多摩動物公園は1961年、キリンやシマウマなど複数種の草食動物が一緒に暮らす「第一サバンナ」の東側で「ライオン園」の工事が始まった。広さ約1ヘクタールの谷状になった地形の傾斜のきつい部分を、延長約450メートル、高さ約5メートルのコンクリートの擁壁で強化する工事。壁で囲まれた谷底のエリアにライオンを放ち、人がバスに乗って観察するという前例のない構想だった。

 ライオンバスの起源は、多摩動物公園初代所長・林寿郎氏の東アフリカ・ケニアへの出張にさかのぼる。51年、上野動物園に勤務していた林氏はカバやサイなどの大型動物購入のため渡航した。海外の商船会社による動物の輸送には、飼育や監視など担当者の同伴が条件だったからだ。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです