メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/142 ライオン/4 /東京

 多摩動物公園は1961年、キリンやシマウマなど複数種の草食動物が一緒に暮らす「第一サバンナ」の東側で「ライオン園」の工事が始まった。広さ約1ヘクタールの谷状になった地形の傾斜のきつい部分を、延長約450メートル、高さ約5メートルのコンクリートの擁壁で強化する工事。壁で囲まれた谷底のエリアにライオンを放ち、人がバスに乗って観察するという前例のない構想だった。

 ライオンバスの起源は、多摩動物公園初代所長・林寿郎氏の東アフリカ・ケニアへの出張にさかのぼる。51年、上野動物園に勤務していた林氏はカバやサイなどの大型動物購入のため渡航した。海外の商船会社による動物の輸送には、飼育や監視など担当者の同伴が条件だったからだ。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  2. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです