メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

開会式 新ユニホームで堂々 きょう米子工と対戦 /静岡

堂々と行進する浜松工の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で、平川義之撮影

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕。開会式に参加した県代表の浜松工フィフティーンは、憧れの花園のフィールドを踏みしめた。

 小雨がちらつく中、始まった開会式。今大会のために新調した紫紺とゴールドのユニホームを身を包んだ選手たちは、寒さにも負けず元気の良い行進を見せた。

 NO8の大塚滉生主将(3年)は「フィールドから見る花園の景色はテレビとは違う」。行進で左隣だったのは、1回戦を勝てば対戦する東福岡(福岡)。優勝候補に挙げられる有力校だが、大塚主将は「体はでかかったけど、気持ちでは絶対に負けない」と早くも闘志を燃やしていた。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、深夜に大勢判明

  3. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  4. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  5. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです