メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

開会式 東海大仰星・常翔学園・大阪桐蔭、選手堂々行進 3校、30日初戦へ /大阪

堂々と行進する(上から)東海大仰星、常翔学園、大阪桐蔭各校の選手たち=いずれも東大阪市花園ラグビー場で、平川義之撮影

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕した第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の開会式で、府代表の東海大仰星、常翔学園、大阪桐蔭の選手たちは堂々と入場行進した。Bシードの3校は30日の2回戦から登場する。東海大仰星は午後0時45分から光泉(滋賀)と対戦。常翔学園は午前9時から佐賀工(佐賀)-黒沢尻工(岩手)の勝者と、大阪桐蔭は午後1時15分から九州学院(熊本)-朝明(三重)の勝者と戦う。【大森治幸】

 東海大仰星は4年連続17回目の出場で、2連覇を狙う。山田生真(いくま)主将(3年)は「一戦一戦に全力をぶつけ、決勝後もこの舞台で笑顔で立っていたい」と頂点を見据えた。人羅奎太郎選手(3年)は「前回大会でプレーした経験が僕の強み。空いたスペースに素早く攻撃を仕掛けてチームを勢いづけたい」と意気込んだ。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです